« 2/23 土曜練 | トップページ | 2/26 JAPAN'S MOST SOPHISTICATED SHOW »

2013.02.26

2/24 Vリーグ初観戦

Burdアニキに誘われて初めて国内女子トップの試合を初観戦、兼カメラテストを兼ねて。

554093_423485247735004_668506725_n
久々に中距離砲と一脚を持ち出してみた。自転車と違ってボールをめまぐるしく回すのでとにかく追っかけるのが精一杯。

Img_2983
これはまだ良い方で、秒5コマ程度の連写マシンではだいたいがボールを打つ前か打ち終わったあとのシーンばかり。さらに体育館の中は思いのほか暗くて、ISO:1600、F:2.8の開放でようやく1/200sec程度なのでさらに連写が効かない条件。多くのプロが高感度、高速連写機を必要とする理由がよく理解出来た。

実はこの長年苦楽を共にして来たEOS 20D 君第一試合の途中辺りからErr 99のメッセージを発する様になり、第二試合はほぼダウンの状態になってしまった。本気で後継機種を考えなければ。。。

おかげで第二試合の1位争い NEC vs 久光製薬 は集中して観戦する事が出来た

最近の選手はよく知らないけれど、実は往年の名セッター中田久美さんがいまは久光の監督として指揮を執っていると聞いていて、それが非常に興味があったのが二つ返事でお誘いを受けた理由。決しておまけではないけれど、まだまだ現役で活躍されている生の杉山選手を見られたのもラッキー。

戦術はほとんど解らないけれど、第一試合の デンソー vs JT との気がついた違いはボールタッチの音が柔らかい事。下位チームの試合の時は結構「バチッ」「ボスッ」と迫力満天で、おお!これは!と喜んでいたのだけれど、いざ上位チームの試合が始まってみると意外にも「ぱふっ」「ポフッ」「・・・」(セッターのトスの時)と音は静かで玉の速度が桁違い。

おまけに、どんなドライブがかかった玉でもサーブレシーブでほとんど回転が止まった状態でセッターにパスされる。いや、これほどまで上位と下位のチームで技術のさが有るとは。やはり、スポーツ観戦は生に限りますな。

 

|

« 2/23 土曜練 | トップページ | 2/26 JAPAN'S MOST SOPHISTICATED SHOW »

コメント

遅くなりましたが、お付き合いいただきまして、どうもありがとうございました。

今回の座席は、コート全体を俯瞰的に見ることができなかったので、フォーメーションなど戦術的なことが分かりづらかったですが、おそらく、第2試合の選手たちのほうが敏捷性に優れていて、サーブを体の正面でレシーブすることが多かったのではないかと。それが見た目の違いになったのではないかと推測します。
あとは、正面でレシーブさせるにしても、手元で伸びてくるような強いボールを打ったりとか、様々な駆け引きが出てくるので、そういうことも考えだすとハマりますw

話は変わって、カメラの後継機種は楽しみにしています!

投稿: Burd | 2013.03.01 19:49

こちらこそありがとうございました。
戦術等考えるまもなく、めまぐるしくボールを回す様は圧巻でしたね。

後継機は、たぶん一番オールラウンドに使える機種になると思います。
状況に応じて複数台数を使い分ける手もありますが、懐具合が・・・

投稿: か | 2013.03.01 21:27

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2/24 Vリーグ初観戦:

« 2/23 土曜練 | トップページ | 2/26 JAPAN'S MOST SOPHISTICATED SHOW »