« 贅沢な時間 | トップページ | 7/29 青年小屋ー西岳ー富士見 »

2012.07.31

7/28 富士見ー編笠山ー青年小屋

下界の暑さから逃れるため、Burd氏をさそって雲上の世界へ避暑に行ってきました。一応、来月の3000m峰アタックに備えての高地順応訓練も兼ね備えて。
自宅4時半スタート、現場には7時半頃到着し各人の装備を現地でパッキング。
Imgp0738
テント泊装備を詰め込んだザックたち、重量おのおのざっと14kg。

Imgp0744

富士見のゴルフ場からは樹林帯を、さわやかな高原の空気が美味い。3時間程度の行程の後、森林限界を超えると一気に視界が開ける。

Imgp0747

このペアの山行には珍しい青空。

Imgp0749

斜面全面に大きな岩がゴロゴロ。斜度が中途半端なため、3点支持を実現しようと手を付くと結構な前屈み。かといって二足歩行でこなせるほどの斜面でもなく、重装備を背負った見には難儀な斜面。この斜面をクリアして山頂にたどり着くまでの所要時間約1時間。

Imgp0757

無事山頂に到着。ここからはハイマツの林の中を下って、本日の宿泊地青年小屋のテント場へ。

Imgp0761

20数年物のテントを設営しちょっと遅い昼食。賞味期限切れ(会社の防災倉庫の中身入れ替えに伴って放出されて物)の五目ご飯、お味噌汁、と頑張った自分へのご褒美。

Imgp0766
昼食後はテントの中でうたた寝等して、17時ごろから飯盒で飯炊き、翌日の朝の分も含めて4合。お約束の黄レンジャー活動。

120728
行動時間約6時間、山頂までの道のりは思いのほかきつく、心拍の割には時間あたりの獲得標高が落ちれいるなぁ。

|

« 贅沢な時間 | トップページ | 7/29 青年小屋ー西岳ー富士見 »

コメント

どうもお世話様でした!

重装備を背負っての岩場はしんどかったですが、天候に恵まれて青空のもとで登れたのは幸いでしたね!?

投稿: Burd | 2012.08.01 09:11

ありがとうございました。

天気が良いと、何かこう顔がほころびっぱなしでした。
唯一の汚点は白●会の人々の、明るいうちからの大声上げての宴会騒ぎ。
必要以上に声の大きい下品なおっさんにはなりたくない物です。

投稿: か退院 | 2012.08.01 18:23

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/28 富士見ー編笠山ー青年小屋:

« 贅沢な時間 | トップページ | 7/29 青年小屋ー西岳ー富士見 »