« 独占単独インタビュー | トップページ | 夏ボでた »

2012.06.18

6/16 乾徳山トレーニング

今回はローラー興行社関東支社社員のO見さんとこの夏に向けての今シーズン一発目の訓練。主たる目的は、先日購入したトレッキングポールの初歩的な使用技術の習得とハイドレーションパック用フローメーターの動作確認。
勝沼のインターまではほぼオンタイムでこなすも、予定していた登山口(大平牧場)が予想外にこんなんなルート(登山道ではなく車用の道)なのが現地で発覚。

Imgp0560
道幅狭くガードレールも無し。こんな道を山行後、しかも万が一帰着時間が遅くなった場合ちょっと運転するのがやばいと判断し、徳和ルート登山口へ移動。

Imgp0562
登山口。ここからいきなりかなり急な勾配を一気に尾根まで。今回投入したトレッキングポールが無ければ、登りきれなかったかも。とにかくこの区間で大汗、夏用メッシュ、初冬用長袖アンダー、半袖Tシャツ+雨ガッパではちょっと着込みすぎたと反省。

Imgp0565
2時間ほど急斜面をこなした後は岩稜ぽい岩場を1時間ほど。O見さんの地図ではとっくに月見岩に到着しているはずだけれどどうもそれっぽい物にブチあたらない。予想外の急斜面。悪天候によるスリッピーな斜面、雨具着用による足さばきの低下により、地図のコースタイムより若干余計にかかってしまっていたようだ。

Imgp0574
約3時間半でとりあえずの目的地に到着。あまりに天候が悪いので登頂は断念し、別ルートで下山する事に。

Imgp0576
ちょっと下った避難小屋で昼食。

Imgp0577
こんな感じで食事の用意を始めると何やら小屋の外に気配を感じるとO見さん。

Imgp0580
野生の鹿が物欲しそうに睨んでいた。その数私の確認では5頭。食料目的で襲われるのではないかとドキドキしながら、

Imgp0581
チカラ味噌ラーメン。しばらくすると鹿は退散、エネルギー補給もばっちり出来たので後は下るのみ。

Imgp0584


Imgp0585

それにしてもこういった悪条件で、トレッキングポールの威力をまざまざと見せつけられた感じ。スリッピーな下りでの安心感が全く違うため、余裕を持って行動出来る事が理解出来たのは大きな収穫。

120616_2
行動時間:7時間
補給:賞味期限切れのパワーバー 1
   賞味期限切れの塩キャラメル 6
   賞味期限切れの味噌ラーメン 1
   佐藤の切り餅 1
水 :900ml(フローメーターによる計測)
  :500ml(お昼の調理用)

天候には恵まれなかったけど、新しい機材の練習が出来てめちゃくちゃ楽しかった。

あたらし機材に関しては後ほど。

|

« 独占単独インタビュー | トップページ | 夏ボでた »

コメント

どうも御世話様でした。充実した訓練になりました。

現地で所在がはっきりしなかった扇平ですが、特定の個所を指すのではなくて、月見岩を含む草原一帯のことを指すようです。
それで、地図によって、文字の位置がまちまちだったということですね。

投稿: Burd | 2012.06.20 18:52

お疲れ様でした。
なるほどそういう事ですか。それにしても移動速度遅かったですね。登山用GPS、ほんのちょっとだけ欲しくなりました。

投稿: か退院 | 2012.06.20 19:26

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6/16 乾徳山トレーニング:

« 独占単独インタビュー | トップページ | 夏ボでた »