« インソール変更 | トップページ | プリウスリコール »

2010.02.09

TESTその1

100208チューブレスとチューブドを正当に評価したいが為に事前検討。3本ローラーではそこそこ転がり抵抗が評価出来る事が判っているけど、我が家には今3本ローラーが存在しない。代換として固定ローラーアが使えないか、簡単TESTをしてみた。ホイールはローラー専用に作成したもの、空気圧の測定は絶対値はともかく読み取り精度の高い事を理由にパナのデジタル式を選択、ギアは52×14(3倍)に固定、ローラーの負荷も最弱にしてケーデンスを上下させ空気圧の変化に対して漕ぐ力が変化するか測定を行った。グラフはギア倍数、ケーデンス、ホイール周長から割り出した早さを横軸に記した。

各空気圧のグラフプロットの傾きを比較すれば転がり抵抗の差がおおよそ判るはずなんだけれど、なんか微妙〜。

実走ではタイヤはライダーの体重によって変形させられるのだけれど、固定ローラーでは単純なスプリング、圧着力不足、タイヤの変形量不足の可能性は大きい。

そのうち、某ラーメン店で3本ローラーを借りてきてやってみるか・・・。

本日の仕事量
129kJ

|

« インソール変更 | トップページ | プリウスリコール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TESTその1:

« インソール変更 | トップページ | プリウスリコール »