« 豚に真珠 | トップページ | 栂池におけるSRM Powercontrol V »

2009.06.16

栂池遠征

090614こんな恥ずかしいデーターを全世界に向けて発信するのはリソースの無駄、と言う突っ込みは置いておいて。

富士山と比較して本気度の高い栂池では、スタートして1km近辺で最後尾に近い位置取りになってしまうのは想定の範囲内。さらに先週からの体調不良、今年の乗り込み不足、体重増による昨年からのタイムダウン(約10分)は予想通り。唯一の救いはイーブンパワーによってかろうじて完走できた事か。(上のグラフが今年)

まあ基本的に栂池は旧知の自転車仲間との交流の場なので、主たる目的は達成できたのだ。毎年同宿のHCイベントの達人K子さん、konaアニキ、最も遭遇する可能性が低いとノーッチェックだった関西系師匠、動く姿が拝見できるだけで元気が出ます。また来年もよろしく。

|

« 豚に真珠 | トップページ | 栂池におけるSRM Powercontrol V »

コメント

栂池お疲れ様でした。言い訳ですが、腰痛大爆発で耐えに耐えた1時間とかなりでした。ゴール近くで100㌔はあるかと思える選手に抜かれたときは笑いました。
で、感想は「ああ痛かった」でした。またどこかの会場で。

投稿: 関西系 | 2009.06.16 21:47

すれ違い?でしたでしょうか?
初めての栂池でしたが,もっと精進しないといけないと切に思わされました。

投稿: HIDE | 2009.06.16 22:04

師匠:
大変でしたね。私のクラスは最後のスタートだった為、本当に後ろには数人しかいない状態でした。おまけに回収車も視界に入っているし・・・。
今度はもうちょっとらしいレースでお会いしましょう。

HIDEさん:
スタート前、うろうろしながら目を皿の様にして探していたのですが、残念です。数年前までは全日本選手権と同日開催だったため旧2、3の選手にとっては穴場だったのですが、最近はトップの選手が来る様になってしまって決勝進出はなかなか厳しいレースとなってしまいました。

投稿: か | 2009.06.17 19:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栂池遠征:

« 豚に真珠 | トップページ | 栂池におけるSRM Powercontrol V »