« 青信号 | トップページ | 格闘の末・・・ »

2007.07.28

悪戦苦闘

Img_0298今日は丸岡に備えてホイールの準備と決めていたので自転車は無し。
実は私も島根のお方と同じくシマノカーボンのリムセメントを全剥離し、ミヤタのリムテープにチェンジしようと実行している最中。ねちゃねちゃのリムセメントの除去に何を使おうか、リムを傷つけない材質でしかも角が出ていてしかもある程度の強度の有る物と言う事で、10年以上前に活躍していたスキー用のワックススクレーパーの登場。写真の状態まで持って行くまでリムセメントと格闘する事約4時間。疲れたので本日は後輪のみで終了。

|

« 青信号 | トップページ | 格闘の末・・・ »

コメント

電動ドリルの先につける、小型サンダーとか
だめですかね?

投稿: た | 2007.07.30 09:11

リムセメント剥がしには、彫刻刀の丸刀がオススメです。

投稿: おおみ | 2007.07.30 10:14

た さん、おおみ さん、挙げられた部材、カーボンリムを傷つけることは無いでしょうか?ちょっと心配です。
日曜日もリムセメントと格闘していて、今日は上半身が激しい筋肉痛です。

投稿: か | 2007.07.30 19:54

私が参考にしたのは下記サイトです。
http://9-26.way-nifty.com/livestrong/2006/06/invention.html
確かに,乾燥状態のリムセメントの除去は楽ちんでした。
上記サイトのように,シンナーに浸しながらだと,作業は早いのかもしれません。
家の中でやると,臭いで大変なことになりそうですけど。

投稿: HIDE | 2007.07.30 19:56

HIDE さん、シンナーは楽そうですけど機材に対しても人体に対してもかなり抵抗が有りますね。今回頑張ればあとはらくちんになるので、とにかく力技で押し通しました。

投稿: か | 2007.07.31 00:39

彫刻刀の刃の当てる角度を間違えなければ、リムに傷をつけることなく、面白いようにリムセメントが削れますよ~。
初めて試したときには、あまりの簡単さに、思わず笑ってしまいました。

自分は、確か、丸刀の幅6mmのものを使っていました。
ホームセンターで、1本500円ぐらいから売ってます。

投稿: おおみ | 2007.07.31 09:00

おおみさん、練習用チューブラーホイル(アルミリム)の前輪が作業待ちなのでトライして見ます。

投稿: か | 2007.08.01 11:29

確かに、一発目からカーボンのリムだと、勇気が要りますよね!?
アルミだと、接着面が多少荒れても影響は少ないでしょうから、
ガシガシ行けますよ!

投稿: おおみ | 2007.08.02 07:51

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪戦苦闘:

« 青信号 | トップページ | 格闘の末・・・ »