« 今日はここまで | トップページ | やってみました »

2006.12.27

意外にいけるがね。

先の実験では53×27(低負荷高回転)における測定値のばらつきが大きかったのだが、ならば負荷がかかった状態ではどうなるのか。気になると眠れないたちなので、昨晩早速ローラーをこいでみた。

実験方法としては、マグローラーにマシンをセットしギアレシオは53×27に固定、ローラーの負荷は最弱(low)、最強(high)の2条件、ケイデンス約40〜130rpmの間でもがいた。53×27、負荷最強では130rpmが限界なのよね(弱っ!という突っ込みはご勘弁)。運動時間は15分(low)、10分(high)、測定器の記録間隔は5秒に統一した。

各負荷におけるSRMとPloarの測定値の相関をまとめたものがこちら。

Srmpolar

チェーンテンションが低く、しかもガチャガチャクランクをまわしているときは、チェーンの振動数が高とセンサーがだまされているのかも。チェーンテンションが高いときはPolarのほうが20%ぐらい甘め渋めに出るようだ。

|

« 今日はここまで | トップページ | やってみました »

コメント

アニキ、お疲れ様です。
こちらにも詳しく調べた方がいますね。(日本語)
http://9-26.way-nifty.com/livestrong/powermeter/index.html

投稿: kona | 2006.12.27 18:40

疲れました。こんなに頻繁にレーサーシューズを履いたのは久しぶりです。(苦笑)

投稿: か | 2006.12.27 23:19

でも、おかげでパワーメーターのいろんな秘密が明らかにされていきます。
今年の「自由研究大賞」金賞ですな。

投稿: kona | 2006.12.28 07:31

トレーニングモチベーションはかなり下がってます。
いまトレーニング関係で興味があるのは神経系。
http://www.h2.dion.ne.jp/%7Eyamauch/TrainingEssey.files/TrainingEssey.html#44

投稿: こたに | 2006.12.28 17:10

ざっと読んでみましたが、まずは単語の意味を理解する事から始めないと・・・
現状ではさっぱり理解出来ません(^^;;

投稿: か | 2006.12.28 23:27

KONAさんの紹介してくれたサイト、面白いです。
ergomoが欲しくなってきたけど、、、手は出しません。(と思う)

投稿: ひゅ~ず | 2006.12.29 13:55

以前、kazzさんかこたやんに教えてもらってブックマークもしていています。ただ読み物としては面白いのですが定量的なデーターが無いのが残念なんですよね。

投稿: か | 2006.12.29 14:39

はじめまして。私もポラールのパワーキット使いで、今年は他に乗り換えようと考えている者です。
数年前にパワーキットユーザーの悪戦苦闘をレポートしたサイトがありました。今は消えてしまって残念ながら見ることができません。
それによると、パワーキットではマグの負荷や磁石につくスポークを使用すると、誤差がグンと跳ね上がるということでした。
これを信じて私は油圧負荷のローラー台を買い、スポークも磁石につかないものに換えました。
「か」さんの実験はマグの負荷ですので、油圧負荷にするとまた違った結果になるかもしれませんよ。

投稿: 通りすがり | 2007.01.03 14:51

”通りすがり”さま
初めまして、ご指摘ありがとうございます。練習用ホイールのスポークは非磁性のステンレスなので該当しないのですが、マグの件は気になっているのですよ。手持ちで油圧負荷のローラーが無いので、仲間内で所有している人がいたら借りて実験してみようかと。それで面白い実験データーが得られたらまた書いてみます。

投稿: か | 2007.01.04 20:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外にいけるがね。:

« 今日はここまで | トップページ | やってみました »