« さぶ〜い | トップページ | 今日はここまで »

2006.12.24

興味本位

最近このページへのアクセスがやけに多いので友人たちに心当たりは無いかと尋ねたら、某巨大掲示板にリンクが張られていいる事を見つけてくれた。その情報収集力には感服いたします。ちょっと覗いてみた所、マグネット負荷のローラーはだめだとか、磁石にくっつくスポーク云々・・・ホンマかいな。

と言う事で、今日は住処の他の住人が出払っている事を良い事幸いに(泣)3本ローラー上で実験。ギアはフロントは53×39、リアは12〜27の10S。各ギアの組み合わせでスピードメーター読みで22〜23km/h程度となるよう一生懸命こぎデーターの採取を行った。おっさんサイクリストにとって流石に3本ローラー上でインナーロウ130rpm2分間は怖い。前回の様にグラフにまとめるのは面倒なので、生データーを披露する。


Powerkit_test061224_001_1 くすんだ緑がPowerなのだけれど、結局約80W〜190Wまでばらつく事には変わりなしと言う結果に終わった。センサーとチェーンの距離が離れた場合(アウター×ロー)は、べらぼうに精度が悪い事には変わらず。チェーンの振動数を計測するシステムそのものに本質的な問題が有る気がするなぁ。


ならば最近導入した新兵器はどうか。同じホイールを新車に履き替え、同様に3本ローラー上で漕いで取得したデーターがこちら。

Srm_test061224_001

途中で終わっているのは、充電式のメーター部分の電気が切れてしまったため。ウォーミングアップを含め2時間近くローラー台に乗っていたので、こんな形で幕切れしてくれて内心ほっとしている。(肉体派人体実験は大変なのだ。)

ばらつきは81〜76W位か。こんなヘタレが使う事は想定していないのであろう、恐らく低トルク領域の歪みゲージのリニアリティーの問題と考えられるが、それでも流石値段だけの事はある。

こっちの測定値が正しいとすると、Polarの方はトップ側3枚程度で得られたPower値のみ信用出来ると言う事ですな。

|

« さぶ〜い | トップページ | 今日はここまで »

コメント

おー・・三本ローラーに2時間乗れる、なんとすばらしい。ブラボー
やはり理系、これからは、こんなモチベーションから入ったら・・気がつけば超人。

投稿: 関西系 | 2006.12.24 21:01

Polar,SRM,Power-tapの評価ページです。
http://www.biketechreview.com/archive/pm_review.htm

投稿: こたに | 2006.12.24 22:50

とほほ。英語能力が低いので読めん。

投稿: ひゅ~ず | 2006.12.25 11:05

関西系さん:
3本ローラー上でインナー×ロウ130rpmなんて2度とやりたくありません。最後の方は○道がしびれてくるんですよ。
こたやん:
私のCano6-13もこうしろと(笑)。ご期待に添える様頑張ります。ただ、○cherが噂しているスポークの磁気云々が本当だとすると、SRM本体とセンサー間の信号伝送は電磁誘導カップリングなので、同居することによって誤動作するんだろうけど???
ひゅ~ずさん:
私も英語がだめだめなので、全分読むには時間がかかりそう。ポイントだけ拾って見てみると、私の実験ほどPolarの精度は悪くでてないようですね。

投稿: か | 2006.12.25 14:26

実際のヒルクライムのデータはSRM・パワータップとポラールもなかなかよい相関ですね。
リア・ローが特に誤差が大きいのは同様。さらにローラーの場合はさらに誤差が大きくなると書いてありますね。
レースや負荷のかかる実走で自分の最大出力をみたい場合はポラールも役に立つ、と信じておきます:)

投稿: コナ | 2006.12.25 17:15

(多分)シャーシダイナモが利用出来なかったので、どのシステムの絶対値が正確なのかは答えかねるとも書いてありますね。そのうち、同じ自転車に2つのシステムを取り付けてローラー台でごりごりやったデーターも採取しようと考えています。ただ、エンジン性能の都合上、高回転高負荷のデーターは取れないかも(泣)

って、こんな動機付けが無ければ、ローラー台になんか乗らないんですよね〜。

投稿: か | 2006.12.25 20:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 興味本位:

« さぶ〜い | トップページ | 今日はここまで »