« 8月のレース | トップページ | 石2種類 »

2006.07.08

B-1復活

Img_1594_1 本日は車を転がして修理に出してあったB-1を引き取りに。YAMAHAにはこのようなアナログの固まりを修理できるエンジニアが残っていないので個人工房にお願いしたのだが、いやはや修理というよりリビルド(もしくはレストア)と言って良い様な内容だった。信号経路のFETをコントロールするバイポーラトランジスタおよび電解コンデンサーをほぼ全取っ替え(部品点数130点)で12万円。高いか安いかは個々人の価値観にもよるが、SITと言うパワーデバイスを用いたオーディオアンプは歴史的にみてもきわめて少ない(SONYも少数だしていたなぁ)のでこれで復活するのならば自分的には大バーゲンプライスと思っている。

要は音は二の次なんだけど、オークションで購入した A-10II と比較するとやはりB-1の圧勝。A-10 はいかにもバイポーラっぽい音がして今一好きじゃないんだよね。

|

« 8月のレース | トップページ | 石2種類 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B-1復活:

« 8月のレース | トップページ | 石2種類 »