« 本醸造 | トップページ | 是政シアター出動 »

2006.02.02

ひらまさを食す会

醤油の素性からすると、赤身魚のほうがマッチングが良さそうとの判断から、お醤油の味見は赤身魚シーズンのお楽しみということで、今回は見送り。で、何故かひらまさ君をおかずにお米の比較試食会に。

050726_004これは主催者I川君ちの新潟産コシヒカリ。SANYO製の5.5合炊きIH炊飯ジャーを使用。







050726_005私が昨年の忘年会でゲットした千葉産のコシヒカリ。象印の圧力IH炊飯ジャーを使用し、時間がなかったので急速炊飯モードで。







050726_003『最近の若いやつは米の味をしらねぇ!』と日ごろからほえている中堅T村君が意気込んで持ち込んできた新潟産こしひかり。お米を研ぐ為のボール、象印の3合炊き抵抗過熱式炊飯ジャー持参。(炊飯ジャーはK田君提供)




新潟産コシヒカリ+IH炊飯ジャーでは、お米の一粒一粒のツブ立ちは良いものの、コシヒカリ特有の香りが感じられず、甘味も弱くてコシヒカリの潜在能力が今ひとつ発揮されていないように感じる。

千葉産コシヒカリ+圧力IH炊飯ジャーでは、お米のツブ立ちが良くほのかなコシヒカリ特有の香りが感じられるが、いつもよりも甘味が出ていないようだ。

新潟産こしひかり+抵抗加熱式炊飯ジャーは完全に失敗作(T村君談)。確かに甘味は三試料中最も強く感じられるが、お米一粒一粒の形が崩れてしまい口に含んだ瞬間の食感が心地よくない。

今回は明らかに炊飯ジャーの違いが炊き上がりに影響を与えていると思われる結果となってしまった。

T村君曰く、『今度は、同じお米を3人で炊き比べしてみましょうよ。俺が炊くと10倍はうまく炊ける!!』


|

« 本醸造 | トップページ | 是政シアター出動 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひらまさを食す会:

« 本醸造 | トップページ | 是政シアター出動 »