« 24日はふぐ料理 | トップページ | フォ〜〜! »

2005.11.26

48kHz

自転車に乗れなくても遊びは色々とあるもので、今日はDVDの音声部分を我が家のステレオから再生しようとトライしてみた。簡単なのは、DVDプレーヤーの音声出力をそのままステレオの外部入力端子に接続することだが、幸い我が家のCDプレーヤーはデジタル入力があり単体のDAコンバータとしても使用できるスペック。そこでDVDプレーヤーのデジタルアウトからCDプレーヤーのデジタルインを経由して再生することも試してみた。某大学の先生からラーメン一杯で譲ってもらった普及タイプのDVDプレーヤーのDAコンバーターと、片や10数年前の年代物の当時の高級CDプレーヤーのDAコンバーター、どちらがいい音がするのか。結果は腐っても高級機、情報量は高級機のDAコンバーターの圧勝だった。

この高級機トランスポート部分の劣化が進んでおり、寒い日などはディスクを認識しないこともしばしばなので、CDを聞くときもDVDプレーヤーをトランスポートとして利用するのも良いかも。

IMG_1075写真はDVDを再生しているときの図(上がDVDプレーヤー、下がCDプレーヤー)。デジタルインのときは入力信号のサンプリング周波数を表示するようで48kHz。CDのフォーマットが44.1kHzなのは知っていたけど、DVD音声が48kHzとはいままで知らなかった。

|

« 24日はふぐ料理 | トップページ | フォ〜〜! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 48kHz:

« 24日はふぐ料理 | トップページ | フォ〜〜! »